自走式保護猫カフェ「ネコリパブリック」から生まれたブランド「NECOREPA/」のフラッグシップショップが2018年7月22日に東京・蔵前にオープンすると聞き、プレオープンにネコダッシュで行ってまいりました!

都営地下鉄浅草線・大江戸線の蔵前駅から約徒歩5分。大通りから少し入ったところに、見えてきたのが……。

お店の外観 お店の看板

そう、ここが「ネコリパストア」。昭和の面影を残すレトロビルをリノベーションしたのだとか。入り口からして、すでにおしゃれです。

猫型の看板

ブランドのシンボルでもあるサビ猫の看板(すでに錆びている)もカッコいい〜!

それではさっそく店内に入ってみましょう。まずはニンゲン用アイテムをチェック。

服とバッグの商品ラック くつした ニットキャップ

今まではポップアップショップや「ネコリパブリック」各店でしか買えなかった「NECOREPA/」のファッションアイテムがずらり。クールなデザインで男女問わずに着こなせそうです。

続いてはネコ様のアイテム。

猫の首輪 にぎにぎ

首輪やけりぐるみのほか、ドイツの老舗掃除用具メーカー「REDECKER」の猫用ブラシやマットなど、お手入れグッズのセレクトも小粋です。

ブラシ

さらに……

オリジナルの「ネココーヒー」や「ネコクッキー」。

インスタントコーヒー 猫クッキー

こちらはなんと、ネコちゃんが触れてもOKな植物で作ったスワッグ。左が白猫、右が三毛猫をイメージしてデザインされているのだとか。

ドライフラワー

天井からは黒猫のモビール、さらに可愛いネコキャンドルとインテリアアイテムも充実。

黒猫のモビール ネコキャンドル

お店全体に、おしゃれなネコライフが叶いそうな匂いがぷんぷんします。

オープン初日ということで、夕方からは関係者やクラウドファンディングの支援者、通りすがりの人も参加してオープニングパーティーがスタート。

店奥の保護猫譲渡会をするスペースにはたくさんの猫好きさんが。

猫型せんべい

差し入れのお酒やお菓子もネコなのがさすがです。

パーティーには大の猫好き、BIGMAMAの東出真緒さんも来場。

首相と真緒さん

今回のネコリパ/ストアのクラウドファンディングにも参加されたのだそう。ネコリパ首相の河瀬麻花さんと猫トークで盛り上がっていました。

「今まで保護猫活動に興味があっても保護猫カフェには入りづらいと思っていた人や、活動自体を知らない人でも、気軽に入ってもらえる店になっていけば」と河瀬さん。

蔵前を含む東日本橋周辺は、近年おしゃれなお店が増えていることでも話題のエリア。そんな街で新スポットとしても注目を浴びること間違いなしの「NECOREPA/ STORE」は7月22日グランドオープン。皆さんもぜひ遊びに行って下さいね。

NECOREPA/ STORE
住所:東京都台東区蔵前4-9-8
営業時間:12:00〜19:00(土日11:00〜19:00) 不定休
https://www.facebook.com/NECOREPA/

PHOTO&TEXT / KIRACO


スポンサードリンク