東京ドームシティ

東京ドームシティ! Gallery AaMoにて開催中の「ねこ画展」〜ねこ画から生まれた愛おしい世界〜<2018年4月26日(木)~7月8日(日)>に行ってきました。

猫をテーマにした作品を発表している日本人作家8名による「猫の絵画展」。期待が高まります。

撮影OKの作品とNGの作品があります。撮影OKのなかから一部をご紹介しますね。

ドコノコのゲーム

まずはアプリ「ドコノコ」プロデュースによる「迷子探しゲーム」。会場内のあちこちにある猫さんマークより、迷子猫を見つけます。(筆者はうっかりしていて、順路をさかのぼって探してしまいました)

ねこまきさんの原画

「まめねこ」がテレビアニメにもなったねこまきさんの原画。コミックスでもおなじみのやわらかなタッチ。実物が見られて感激です。

柴田ケイコさん作品

イラストレーター柴田ケイコさん。ポップな色使いがかわいい絵本、「めがねこ」の世界にひきこまれます。

おかべてつろうさん制作ノート

やさしい世界を紡ぐイラストレーターおかべてつろうさんの制作ノートはクリエイションのヒントがいっぱい。

くまくら珠美さんの作品

「わたしのげぼく」(上野 そら:著、くまくら 珠美:イラスト アルファポリス )も大人気のくまくら珠美さん。木型猫の展示のほか、ライブペインティングが行われる日も。

他にもクラミサヨさん、高原鉄男さん、目羅健嗣さん、山下絵理奈さんの作品が、広いスペースに展示されていて、それぞれのねこ画の世界をゆっくりたっぷり堪能できます。

塗り絵 販売スペース

ぬり絵コーナーではその場でぬって楽しめます。ねこ雑貨がいっぱいの販売コーナーも。絵本「めがねこ」(柴田ケイコ:著 手紙社)、さっそく購入しちゃいました。

ネコリパブリックによる「保護猫里親会」の開催予定もあり、くわしくは下のホームページをチェックしてください。

「ねこ画展」〜ねこ画から生まれた愛おしい世界〜 https://www.tokyo-dome.co.jp/aamo/event/nekogaten.html

2018年4月26日(木)~7月8日(日) 12:00~20:00 ※最終入館は閉館の30分前 ※開催期間中無休

Gallery AaMo(ギャラリー アーモ) 東京都文京区後楽1-3-61 東京ドームシティ

当日 大人(高校生以上)1,300円/小人(小・中学生)900円

前売 大人(高校生以上)1,100円/小人(小・中学生)700円

※未就学児無料(単独入場はご遠慮ください)

(text / ねこまぐ)


スポンサードリンク