【猫場放浪記1】あじわい深いねこアート&雑貨に出会える「山猫屋」

山猫屋店内2

ねこに魅了され、ねこを求めさまよう「猫場放浪記」。記念すべき第1回目は鵠沼海岸にある、素敵な猫雑貨屋さんをレポートします!

小田急江ノ島線「鵠沼海岸駅」。その名の通り夏は海水浴客でにぎわいますが、普段は比較的のどかな住宅街。路地裏には散歩する猫もいる、そんな海辺の街に溶けこむように1軒の雑貨屋さんが佇んでいます。
店の名は「山猫屋」。2014年に藤沢からこの街に移転してきました。

山猫屋 山猫屋店内1

入るとすぐにお出迎えをしてくれるのはリアルな2匹の陶ねこ。こちらは店主がかつて飼っていた愛猫たちをモデルにしたもの。

山猫屋店内2
あっ、招き猫も!
これらを手がけたのは小澤康麿さん。店主が猫の店を始めるきっかけにもなったという作家さんです。
富士山ねこ
リアルな描写のなかにも独特の味わいと、面白さがありますよね! 他にも銅版画家の桐山暁さんの作品や……
銅版作品
スタジオナナホシさんのねこには、こんなしかけが!

どれも他では手に入らない1点モノばかり。 これらの作家もの以外ではポストカードやメモ帳などのステーショナリー、手ぬぐいなども扱っています。

お店では様々な企画展も実施。11月17日からは『のびねこ展』と銘打って、おもいおも いにぐいーっとのびたねこたちが集まるのだそう。

のびねこ展DM
とかくファンシーになりがちな猫雑貨店ですが、こちらの店はテーマが「和猫」であること、店主の審美眼があいまって雰囲気もばつぐん。ひとつひとつじっくり吟味して、家へつれて帰りたくなる、そんなお店でした。
猫ものの店と小さなギャラリー『山猫屋』
住所:神奈川県藤沢市鵠沼海岸3-5-2長谷川ビルB号室
TEL&FAX:0466-51-3405
営業時間:11:00~18:00(木曜定休)
『のびねこ展』
2017年11月17日(金)~11月29日(水) 11/23(木)は休み
◆出展作家◆
小澤康麿・桐山暁・河辺花衣・スタジオナナホシ・Noriko・東マユミ・松本浩子・山中 翔之郎

TEXT / KIRACO

 


スポンサードリンク